エレキギターの選び方 初心者はここがポイント

エレキギター本体がないと練習も何も出来ないですので本体を準備するとき、初心者の方がエレキギターを選ぶ時のポイントとはどんなところだろう?と、私が初心者当時感じたことを思い出しながらお話ししてみたいと思います。


どんな音楽をやりたい?

noteロックと一言で言っても、伴奏メインで少しソロが入るようなフォークロック、ポップロックから、ギターがメインでパワフルなへヴィメタル・ハードロックまでさまざまです。
そして同じロックでもそれぞれ音色も違いますし、演奏方法も少なからず変わってきます。そしてその音楽ジャンルや方向性に適したエレキギターがある程度決まってきます。

持った時の感触がいいか?弾きやすいか?

コレ重要。まだ初心者で弾き心地がいいのか悪いのかもわからない!という声が聞こえてきそうですが、、、そりゃそうですね。ですので楽器屋さんなどで実際にいろいろ触って、持って、抱えてみるのが良いと思います。別になにも弾けなくても全くかまいませんよ。「持ってみたい」「触ってみたい」と店員さんに言ってみましょう。あまりあれこれチェックできないと思いますので、チェックポイントは、

① 持ってみて・肩にかけてみて重過ぎないか?
重いギターが質の悪いギターというわけではありません。でも始めから重いギターを使うと、後々練習のたびに疲れてしまう可能性有りです!「重いから持つこと自体が疲れる」となってしまっては本末転倒です。
エレキギターは初めて持ったとき「エレキギターって結構重いものなんだな」と感じるものですが、少しの間持って抱えてみて、それでも重いと感じるようでしたら、自分の身体には合っていないかもしれません。といっても、軽いから良いというわけでもわけでもありません。安価であまり良い木材を使用していないギターは異常に軽かったり(異常に重かったりも)しますし、木材の質によっては変形しやすかったりします。この辺り難しいところです。
初心者の場合、「重くて疲れる」というような音楽以外のところが原因で挫折してほしくないなーと思いますので、是非実際に持ってみて「ちょうどよい重さ」のギターを探してください。

(ギターの重さはほとんどが、本体に使われている木の素材で決まってきます。例えば「アッシュ」や「メイプル」といった木材です。使われている木材それぞれに重さはもちろん、音質にも特徴がありますよ。)

② 好みに合っているか?
簡単なことですが、エレキギターのデザインや色が自分の趣味に合っているか?です。趣味に合っているギターを使うことで愛着がわき、練習を続けるためのモチベーション維持にもつながります。好きなギターリストのモデルを持って、なりきる!ってのもありですね(^-^)v

エントリーモデル(初心者向けモデル)

やはり有名メーカーが出しているギター初心者向けエントリーモデルは初心者を抜け出した後でも十分に使えると思います。各メーカーによって持った時の感触や、弾く時の感触に特徴がありますのでこちらも是非実際に触ってみることをおすすめします。
例えばおすすめは、、、

●フェンダー【Fender】
スクワイア【Squier】
●アイバニーズ【Ibanez】
アイバニーズGIO【Ibanez GIO】
●ギブソン【Gibson】
エピフォン【Epiphone】

といったところです(^-^)b 初心者の方でも「聞いたことのある」メーカーブランドではないでしょうか?
このようなエントリーモデルはギター本体のほかに、アンプやピック、シールドなど必要なものがセットになっているものがありますのでチェックしてみてくださいね。
他にも見てみたい方は ⇒ 初心者向けモデル一覧を見る
 

次は⇒ 部位パーツの名前を覚えよう♪


Copyright(c) 2015 ロックギター超初心者のための、とっかかり!! All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme